総量規制がキャッシングに与えた影響

消費者金融などからお金を借り入れる際に、返済しきれないほどの借入をしてしまうケースが続出したことで、

 

 

総量規制によって多重債務などは減ったのかなぁ?


一定の規制を設ける必要が生じました。そこで、年収の3分の1までしか借りることができないという総量規制が導入されることとなったのです。総量規制は消費者金融などの貸金業者を対象としている規制なので、銀行での借入には適用されません。

消費者金融に与えた影響とは?

消費者金融で多重債務に陥ってしまう人を減らす目的で導入された規制なのです。消費者金融では総量規制が導入される前のように気軽に貸し出すことができなくなった為、審査を厳しくしたり、収入証明書の提出を求めたりするようになりました。

 

 

多重債務者は減少傾向にあり、消費者金融の「サラ金」のイメージも無くなりつつあります。


総量というのは他社での借入も合わせるということなので、申込時点での借金の有無を確認しなければならないのです。

 

 

専業主婦の場合も借りれないのかなぁ・・・


また、専業主婦のように収入のない人には貸し出すことができなくなっています。専業主婦の場合は、総量規制の適用を受けない銀行で借りることになります。

銀行に与えた影響とは?

銀行は総量規制の適用対象外となっているため、直接的な影響はありませんが、おまとめローンや借換えの需要は増えています。消費者金融で借り入れる場合でも全てが総量規制の対象となっているわけではないことに注意が必要です。たとえば、

 

 

  • 不動産ローン
  • 自動車ローン
  • 緊急医療費の貸付
  • 個人事業者への貸付

などがあります。専業主婦の場合でも一切の借入が認められないわけではありませんが配偶者の同意を得て配偶者との年収を合算した3分の1迄借入可能となる配偶者貸付の場合は取扱いのない消費者金融が殆どです。