キャッシングの多重債務に陥る可能性と解決策とは?

カードローンは気軽に利用できるローンとして非常に人気が高く、全世帯のおよそ3割の人がカードローンを利用したことがある、もしくは継続的に利用しているという調査結果が出ています。

 

 

少しだから借りても直に完済できるだろう・・・


それほどカードローンは日常生活に浸透してることがうかがい知れますが、問題となるのはカードローンの多用による多重債務という問題です。多重債務者になる理由の殆どは利用者自身の考え方に起因するものが多いです。

 

 

安易な考えで借りるとカードローンのメリットもデメリットに変わるわよ!


計画通りに返済する強い気持ちとカードローンの機能を理解しておくことが重要

多重債務とは複数のカードローンを利用してしまいその返済に追われる、返済が滞り生活が行き詰るという状態ですので、この状態になると普通の生活もままならないと言う状況に陥ります。

 

 

カードローンの機能は便利である反面、利用方法を間違えるといつまで経っても完済する事ができません。


多重債務に陥る原因としてはカードローンのサービスや機能に大きな問題があり、誰でも簡単に契約出来てしまうこと、限度額までであればいつでもお金を簡単に繰り返し引き出せてしまうことなどが挙げられます。

 

特に繰り返しキャッシングしている途中でも普段の生活に我慢を強いられない状況であった場合にいずれは完済できるだろうという感覚になり、感覚が麻痺してくると増額融資や件数を増やす事に正しい判断ができずに結果多重債務者となるのです。

多重債務に困ったら・・・

多重債務を解決するために有効な手段としてはおまとめローンがあり、おまとめローンを利用することで返済先を一本化することが出来ますし、金利も通常のカードローンよりも低いため、利息の支払いが少なくなるというメリットがあります。

 

 

おまとめローン利用は緻密に計算して選ばないとね・・・


しかしおまとめローンの返済期間が長引いてしまうと、逆に総支払額が増えてしまうと言うデメリットもありますので、おまとめローンの利用には注意が必要となります。

 

 

もう法的手段でしか解決する方法はないかなぁ・・・


法的に多重債務を解決したいのであれば債務整理を行うのが最も確実な方法で、任意整理や個人再生などを利用して債務を減らし残りを返済していく方法や、自己破産のように債務自体を無しにすることも可能となります。

 

 

どうしてこうなる前に相談しなかったのよ!


しかし債務整理を行なった場合には5年〜10年間は新たなローンが一切利用できなくなりますので、間違いなく生活に大きな影響が出ると共に家族をも巻き込む状態になります。