キャッシング利息の日割計算のメリット

カードローンを利用する場合には必ず決められた金利に対して利息が発生することになりますが、カードローンの場合は日割り計算という方法で利息の計算を行うことになります。

 

 

日割計算って利用者にメリットあるのかなぁ?


日割り計算とは借りたお金に対し1日経過するごとに利息が発生する計算方法で、月割り計算とは大きくその利息の計算方法が異なります。月割り計算の場合は、ひと月の間であればいつお金を借りても既定の利息が発生することになる為、

 

 

あんた馬鹿ねぇ・・・月割のほうが利息も変わらないし解り易くていいじゃない!


借りたお金に対しての利息が変動しません。しかし日割り計算の場合は借りた日から返済日までの期間で金利が変動する為、月割り計算のように金利が固定されることはありません。

日割と月割ではこれだけ違う!

 

取り敢えず姉ちゃんのいう通り月割でローンを組む事にしよう。


日割り計算の計算方法に関しては、借りた金額×金利÷365日×利用期間という計算式で利息を導き出すことが可能となります。例えば30万円を18%の金利で30日間借りた場合の利息は、

 

 

30万円×18%÷365日×30日という式になり、4,500円の利息になります。


利息が日割りで計算されることにより、利用者には借りてから返済までの期間が短ければ短いほど利息の返済金額が少なくて済むというメリットがあります。またカードローンの多くは残高スライド元利定額返済方式を採用している為、仮に同じ30万円で

 

 

月割計算のローンよりも日割計算のカードローンで2ヶ月早く完済すれば9,000円ではなく9,000以上の金利の差額で完済した事になります。


個人の返済意欲で利息の支払い総額も大きく変わる

月割計算の場合には返済までの期間が短い場合でも利息は変わらない為、利用者の返済意欲次第でどうにかなるものではありませんが前述した通り多くのカードローンの場合元金の残高に応じて金利が日割計算される為金利も残高に応じて

 

 

カードローンを利用した事のない姉ちゃんを信じた俺は本当に馬鹿だなぁ・・・


小さくなるメリットを含んでいる為利用者の返済意欲によって金利の総額を最小限に抑える事も可能です。