個人再生の特徴について

個人再生は2001年に新たに作られた制度であり、自己破産をするほどの借金であっても住宅を残せる手続きとなっているのが特徴です。こちらは自己破産と違って手続きをしても借金が全額免除にはなりませんが、

 

 

おおよその相場で1/5ほどまで圧縮することが可能です。


この個人再生については自己破産のように職業や資格の制限は求められていませんが、しかし将来に渡って安定した収入が認められなければいけない点が違ってきます。

 

この個人再生ではその特徴として住宅ローンを除いた借金の合計金額から、免除される金額が決められるので当然ですが住宅を残すことはできても住宅ローン自体は減らないことになっているので注意しましょう。

個人再生のメリット・デメリット

その住宅ローンを除いた借金の合計は5,000万円迄が対象となっているので、この手段を選びたい人は専門家である法律事務所や司法書士事務所などで相談をした後に裁判所での手続きを行うことになります。

 

これによって個人再生が認められると住宅を残したまま借金の減額が出来るのですが、いくつかのデメリットも存在します。

 

 

個人再生では減額された借金は原則として3年以内に返済しなければならなりません。


他にも、債務整理の情報が信用情報機関に乗ってしまうので当面の間は

 

 

新規にローンなどが組めなくなるというデメリットもあります。


また車に関してですがローンの支払いが済んでいない場合には車をローン会社の引き上げられる可能性もありますが、ローンを完済している場合には車を手放さずに済みますが車の価値が大きい場合はデメリットになるケースもあります。