任意整理とはどのような債務整理なの?

債務整理にも種類があり、その中でも最も行い易いのが任意整理となります。任意整理の場合、裁判所を通さずに弁護士や司法書士が直接金融業者と交渉することで債務を減額する方法で、他の債務整理の場合は弁護士でないと出来ない場合でも、

 

 

任意整理に関しては司法書士でも可能なため任意整理の場合は頼みやすい条件が揃っていることになります。


ただし司法書士が行える任意整理は1社に付き経済的利益が140万円以下の場合に限り、それを超える場合には司法書士ではなく弁護士でないと任意整理が行えないことになります。

任意整理のメリットは?

 

複数債務の内、一部だけの任意整理は可能なのかなぁ・・・


因みに任意整理に関しては他の債務整理とは異なり、1社ごとに任意整理を行うかどうかを分けることが出来るため、このままの状態で完済できる業者は任意整理を行わず、債務が多い業者は任意整理を行うといった自由度が高いのも特徴です。

 

 

債務の一部だけの任意整理も可能でメリットのひとです。


任意整理のメリットとしては、個別に債務整理が出来るということと、裁判所を通さないため比較的交渉が大げさにならない、裁判所に出向く必要が無いというメリットがあります。もちろん交渉が成立した場合には残りの債務を返済する必要はありますが、そのままの状態よりもかなり精神的にも楽になれます。

任意整理のデメリットは?

デメリットとしては任意整理の場合、確実に債務が減額される保証がなく、金融業者が話し合いを拒むとということも考えられます。その場合は交渉決裂となるので債務は減額されません。それと任意整理を行うとその情報は信用情報機関に記載され、

 

 

ブラックリスト扱いとなってしまいます。


任意整理に関してはアルバイトでも任意整理を申し込むことは可能で、その場合には減額された債務を返済できるだけの収入が確保できるかどうかが重要となりますが、条件を満たせば問題なく任意整理は可能になります。