キャッシングに関わる利息制限法の上限金利

利息制限法とは、銀行や消費者金融などの貸金業者からお金を借りる時に金利が発生する際に、その金利の上限を設けた法律です。具体的な金利の上限は、

 

 

  • 元本の額が10万円未満の場合は年20%
  • 元本の額が10万円以上100万円未満の場合は年18%
  • 元本の額が100万円以上の場合は年15%

と定められています。また、この利息制限法の利息の上限を超えて契約をした場合は、その超過した部分は無効とするとも定められています。2006年頃までは消費者金融などの貸金業者は、

 

 

利息制限法で定める利息の上限を超えて出資法の利息上限の範囲内で債務者と契約


をしていました。その理由は2つあります。

刑罰のない金利での貸付とは?

1つは貸金業法において規定されていた「みなし弁済」という言葉です。みなし弁済は債務者が利息と理解した上で任意で支払い、出資法の利息上限を超えていない場合は、利息制限法を超える利息での貸付もできるという内容です。

 

 

この間にキャッシングしていた人は本当に任意で支払っていたのかなぁ?


もう1つは利息制限法に違反していたとしても出資法の上限金利の範囲内であれば行政処分の対象ではなかったことです。

 

 

おそらく、借手の不利な立場の心理を上手く利用したんだよ。


しかし、2006年の最高裁の判例で債務者が利息制限法に違反する金利であることを認識しながら任意で払った場合を除き、利息制限法を超えた利息は無効で、みなし弁済は適用されないという判例が出た後、債務者は消費者金融から借りていた履歴を調べ、

 

 

引き直し計算をして過払い金返還請求をするようになりました。


また、貸金業法や出資法の改正も行われ、みなし弁済の規定が撤廃されると共に利息制限法の利息上限を超えた違法な契約は行政処分の対象にもなりました。現在はほとんどの消費者金融が利息制限法内の上限金利を守っています。